福崎町の妖怪たちは、多くのメディアで紹介されている人気者。
辻川山公園は池の中から出没するガジロウをはじめ、妖怪たちが集中している所だよ。

今年1月8日に取材したときのようすはコチラ

(7/8)
20200708ガジロウ①350.jpg   20200708ガジロウ②350.jpg
ガジロウが出現するようす

ガタロウ.png   20200708ガタロウ200.jpg
ガジロウと岸辺のガタロウ ※ちなみにふたりは兄弟で、池の中から出没するのは弟のガジロウとのこと

(参考)
姫路市の夢前川(ゆめさきがわ)沿いにあるヤマサ蒲鉾「蓮の花苑」では今、ハスの花が見ごろ。
梅雨の晴れ間のひととき、周囲は開放的な雰囲気だったよ。

(7/5)
20200705ハス③500.jpg   20200705ハス⑤200.jpg

20200705ハス②350.jpg   20200705ハス④350.jpg

(参考)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(地域紹介)七種山山麓|福崎町

梅雨らしい毎日。
ちなみに近畿地方の梅雨明けは平年だと7月21日ごろ、昨年は7月24日ごろとのこと。
まだしばらくは雨の日が続きそうだね。

サテ、雨の合間に七種山(なぐさやま)のふもとを散策。
林道わきでサンショウ(山椒)のなかまたちを見ることができたよ。

(7/2)
20200702サンショウ①500.JPG   20200702サンショウ②拡大200.jpg
林道わきのサンショウ(左)とサンショウの実(右)

20200702イヌザンショウ350.jpg   20200702フユザンショウ350.JPG
イヌザンショウ(左)とフユザンショウ(右)

(参考)
ネジバナ(別名:モジズリ)は小さい花だけど、れっきとしたラン(蘭)のなかま。
昔から日本に自生し、日当たりのいい草地に生える多年草だよ。

(7/1)
20200701ネジバナ・アジサイ③500.jpg   20200701ネジバナ・アジサイ④200.jpg
A棟下にて
辻川山公園内にある鈴ノ森神社の境内には、柳田國男(やなぎた くにお)ゆかりの大きなヤマモモ(山桃)の木があるよ。
町の天然記念物、保存樹の指定を受けており、この時期に甘酸っぱい実をつけるよ。

柳田國男は福崎町で松岡家の6男として誕生。
のちに上京し、東京帝国大学で学び、卒業後地方に残る習俗や伝承を研究。
文化勲章も受章し、日本民俗学の父といわれるようになったよ。

(6/28)
20200628辻川山公園①500.jpg   20200628辻川山公園②200.jpg
(左)鈴ノ森神社とヤマモモの木
(右)ヤマモモの実

(参考)
・福崎町『えーがい福崎|福崎町制施行60周年記念要覧』2016年
今、應聖寺(おうしょうじ)で沙羅の花(ナツツバキ)が見頃を迎えているよ。
仏教とゆかりが深いため、お寺などによく植えられているとのこと。

ツバキの仲間で、咲いたその日には散ってしまう一日花。
7月上旬ごろまで楽しめるそうだよ。

(6/24)
20200624応聖寺②500.jpg   20200624応聖寺①200.JPG

(参考)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャンパススナップ(カフェテリアサルビア

本学の学生食堂(カフェテリアサルビア)では、新たな形での営業に向けて着々と準備中。
福崎町特産のもち麦を使ったメニューもあるので、通常営業がスタートしたらぜひ来てくださいね。

(6/24)
20200624学食①500.JPG   20200624学食②200.JPG
(左)カフェテリアサルビア正面
(右)屋根をメンテナンス中の職員
姫路市の播磨国総社に、大茅の輪(おおちのわ)が設置されたよ。
新年から半年間の災厄を払うとのこと。

ことしは7月11日まで設置されるそうだよ。

(6/17)
20200617総社 茅の輪くぐり②500.jpg   20200617総社 茅の輪くぐり①  200.JPG
(左)本殿前に設置された大茅の輪
(右)ゆるみにくいとされる「男結び」

(参考)
・大茅の輪設置期間延長|神戸新聞(2020/06/17)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャンパススナップ(モリアオガエルの卵塊発見

モリアオガエルは、兵庫県版レッドデータブックで絶滅の危険が増大しているとされるBランクに指定。
ふだんは森の中で過ごしていて、産卵期になると水辺に張り出した木の枝などにメレンゲのような卵塊を産み付けるよ。

今年も本学の池に来てくれたんだね。

(6/19)
20200619モリアオガエル500.jpg
J棟下のスイレンが咲く池の岸辺にて
ここは福崎町高岡、高岡の里「あじさいの小道」。

梅雨のシンボルといえばアジサイ。
今が見ごろだよ。

(6/15)
20200615アジサイの小道④ 500.jpg   20200615アジサイの小道①200.JPG

20200615アジサイの小道⑤350.jpg   20200615アジサイの小道③350.jpg

(参考)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域紹介(JR福崎駅前のガジロウ)

本学の最寄り駅でもあるJR福崎駅前で、福崎町キャラクターのガジロウが出没中!
07:07~20:07の間、毎時7分・22分・37分・52分に水槽の底から飛び出すよ。


(6/15)
20200615ガジロウ500.jpg

(参考)
気象庁によれば、6月10日に近畿地方が梅雨入りしたとのこと。
これからしばらくは雨のシーズンだね。

キャンパス内のアジサイも、鮮やかさを増してきたよ。

(6/13)
20200612アジサイ①500.jpg   20200612アジサイ②200.jpg

(参考)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャンパススナップ(キジの巣発見

キジ(雉)は日本の国鳥。
キャンパス周辺でも多く生息しているよ。

写真は環境整備担当の職員が、草刈り中に見つけたキジの巣。
無事にヒナが育つといいね。


(6/9)
20200609キジ②500.jpg   20200609キジ 200.png
(左)駐車場の横の斜面にあったキジの巣
(右)スゴクわかりにくけど卵を抱いてじっとしている親鳥

(参考)
福崎町高岡の医王寺(いおうじ)では、住職が6~7年かけて種から育てたササユリが見ごろを迎えているよ。
葉が笹(ササ)に似ているところからその名がついたとのこと。

ササユリはかつて里山に普通に見られた香り高い花。
環境の変化やシカの食害等により近年はめっきり少なくなったよ。

(6/9)
20200609医王寺②500.jpg   20200609医王寺①200.JPG
境内のササユリ(左)と医王寺本堂(右)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャンパススナップ(スイレンの花

(6/9)
20200609スイレン①500.JPG   20200609スイレン②200.jpg
正面の建物はJ棟
銀の馬車道は正式には「旧生野鉱山寮馬車道」といい、日本初の高速産業道路。
明治初期に生野銀山と飾磨津(現姫路港)の間、約49kmを南北に結ぶ馬車専用道路としてつくられた道とのこと。

経済産業省の近代化産業遺産、文化庁の日本遺産にも認定されているよ。

(6/7)
20200607銀の馬車道①500.jpg   20200607銀の馬車道②200.jpg
(左)道の駅「銀の馬車道・神河」近くに現存する銀の馬車道
(右)史跡・生野銀山



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャンパススナップ(初夏の野草

(6/5)
20200605ノイバラ500.jpg   20200605コバンソウ200.jpg
ノイバラ(左)とコバンソウ(右)

20200605ドクダミ350.jpg   20200605ノアザミ350.jpg
ドクダミ(左)とノアザミ(右)

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ