2012年8月アーカイブ

みなさんお久しぶりです。長らく更新できなくて、すみません。臨床5年の菊苗-kikunae-です。

 

私は514日~727日まで病院実習へ行っていました。録音できるようなものやカメラなど持ち込み禁止で、写真は撮ることができなかったため、病院紹介等は文章でしかできないことをあらかじめご了承ください。

私の実習先の病院は病床数:299床、薬剤師数:9人です。

 

精神科に力を入れていて、神奈川県精神科病院協会にも加入しています。他は禁煙外来や結石破砕などを行っています。関連施設には老健、クリニック、検診クリニック、訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどがあり、見学実習では、老健とクリニックへ行きました。クリニックに関しては後ほど紹介していきたいと思います。

さて精神科と聞くと偏見を持つ方が少なくないかもしれませんが(私も行く前はちょっと心配になりましたが)、実際に話してみるとほとんどの患者さんは精神科の患者さんとはわからないぐらい普通に接することができました。むしろ、こちらが話しかけたら、快く応じていただきました。

肝心の薬に関してですが、薬はやめてしましまうと、症状が再発したり、悪化するため絶対に薬を飲み続けなければいけません。しかし、実際は怠薬してしまう患者さんがほとんどです。そこで、薬剤師の腕の見せどころです。服薬指導が大事になってきます。

 

私自身は今回服薬指導の実習はしていなくて、話を聞いただけでしたが、薬に関しては神経質な患者さんが多く、処方変更されただけでも不安になってしまうそうです。従って、処方変更されたことは言ってはいけないし、また、副作用に関しても、やはり、不安になってしまうので言ってはいけないのだとか。

 

あと、これはクリニックでの見学の時に聞いた話ですが、ここは病院の周りにある薬局と提携していて、クリニック側では患者さんが薬を飲まなくなってしまうと考え、細かい指導をあえてしないようにと薬局側に伝えているそうです。

提携をとることで、薬剤師も患者さんのことをよく知った上での指導で、患者さんに合わせた指導ができ、患者さんも安心して相談ができると思いました。

次回は前述したクリニックと精神科の作業療法について紹介したいと思います。

みなさん こんにちは。

連日30度を超える暑い夏本番を迎えていいますが周囲にまだたくさんの緑が残る丘の上にある浜薬大キャンパスは風もあり、ちょっぴりですが涼しい方ではないかと思います。

そんな中、より涼しさを感じられる場所の一つが図書館棟1階に面した日本庭園です。

DSC04411.JPG

 池には錦鯉たちが優雅に泳いでおり、また朱色の橋の池の奥には小さな滝もあって水音がいつも響いて涼しげな和の雰囲気です。

DSC04408.JPG

DSC04415.JPG

 滝は背の高い広葉樹と針葉樹に囲まれて直射日光も葉っぱに遮られ、ここまで来るとちょっとした"森の中"のの雰囲気が味わえます。 

DSC04418.JPG

夏の間は冷房が効いた図書館棟の日本庭園が眺められるフリースペースに赴き静かに勉強すればきっと集中できて効率が上がること間違いなし!だと思います(笑)  。                                                 (by 編集委員 Y.O)

 

 

 

横浜薬科大学

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ