2012年12月アーカイブ

みなさんこんにちは! 

 

今度の日曜日には衆議院選挙がありますが、先月の横浜薬科大学文化祭においては一足先に!? "薬草園総選挙"が行われました!

 

一般投票により最も人気のある植物を決める一大イベント。総投票数はなんと過去最大の602票!全45作品中ベストスリーに輝いた植物たちをご紹介します.

 

3位 ソメイヨシノ(バラ科)Prunus yedoensis Matsum. 46

 

No3.jpg

【生薬名】 桜皮(オウヒ)【薬用部位】樹皮 【主成分】 サクラニン、サクラネチン 【応用】 去痰、腫れ物  【花言葉】「優れた美人」

 

惜しくも僅差でソメイヨシノが3位!いつの時代も桜は熱い!日本人の心のふるさとといえば・・・そう、桜っ!!

 

★ご来場者のコメント:

l   桜が1(^ω^) (10代女性)

l   色がキレイな花はそれだけで人気票が集まるとおもう(30代女性)

l   空の水色と花のピンクがキレイだったので(10代女性)

l   どれも素敵です♡(10代女性)

l   桜のようだった(10代男性)

l   綺麗(40代女性)

 

第2位シャクヤク(ボタン科)Paeonia lactiflora Pall. 50

 

No2.jpg

【生薬名】 芍薬(シャクヤク)【薬用部位】 根【主成分】 ペオニフロリン【応用】 鎮痛、鎮静【花言葉】 「内気」

 

「立てばシャクヤク座ればボタン、歩く姿はユリの花」

 

美人の代名詞、シャクヤクが堂々の2位!身近な花の美しさに感動したコメントが多かったです。(来年こそは1位の座を奪うつもりのようです)

 

★ご来場者のコメント:

l   白くてかわいい。(10代女性)

l   ステキ(40代女性)

l   名前がおもしろい(10代女性)

l   目からも鎮静感が伝わるので(50代女性)

l   素晴らしいですね!(50代男性)

l   大きくてはなやかな花ですね(50代女性)

 

1位センニチコウ(ヒユ科)Gomphrena globsa Linné. 62

 

No1.jpg

【生薬名】 千日紅(センニチコウ) 【薬用部位】 花序、全草 【主成分】 ゴンフレニン 【応用】 頭痛、目痛 【花言葉】 「変わらぬ愛」

 

他の植物を大きく引き離して、堂々の1位!

センニチコウは主に園芸用として植えられる植物ですが、中医学では生薬としても知られています。開花期間がとても長いことから千日紅と呼ばれています。(お線香ではありません)

 

★ご来場者のコメント:

l   キレイで花言葉もいいです(10代女性)

l   薬草の花がこんなにキレイだとは...(40代女性)

l   光りかがやいてみえました(70代女性)

l   花弁が多くてキレイ☆(20代女性)

l   きれいだった(6才女性)

l   花びらの枚数が多くてキレイだと思った(10代女性)

l   見た目良し(20代男性)

l   花言葉が良かった(50代男性)

l   白いと黄色できれいでした(10代女性)

l   頭痛持ちなので〜(50代女性)

 

以上の結果について、みなさんの印象はいかがでしたでしょうか?

 

それにしても薬草たちって愛おしい存在ですよね。

自らの成分で私たちの体を癒してくれると同時に花の美しさで私たちの気持ちまで癒してくれるですから! 

 

       (出典:横浜薬科大学「薬草園だよりNo.51」より)      by 編集委員 Y.O