プロフェッショナル -日薬大の流儀-の最近のブログ記事

真夏のように暑くなったかと思いきや

ここ数日は雨模様の今日この頃じゃが

皆さんは元気でお過ごしかのぉ??。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+

 

 

 

皆さんに元気をお届けするべく

久しぶりとなる新企画の第2弾の紹介じゃ!!

『プロフェッショナル -日薬大の流儀- !!

 

 

 

日薬大の「研究活動」にスポットライトを当てて

その活動に情熱を傾ける"プロフェッショナル"を取材することにより

仕事振りや教育研究に対する考え方などを紹介する企画なんじゃ。(o´∀`)

 

 

 

第二回目は

生薬学の山路 誠一先生の登場じゃ!!

そのオドロキの講義は知っていて得する雑学や豆知識の宝庫じゃよ!!

キタワァー*・゚゚・*:....:*・゚(゚∀゚)゚・*:.. ..:*・゚゚・*!!!!!

 

 

 

 

本日 紹介する専門領域は「生薬学」!!

漢方薬や健康食品の原料として使用される天然由来の動植物である

『生薬』の生産や鑑定方法、品質評価、有効成分、薬理作用などを取り扱う学問分野なんじゃ。

 

 

 

もともと『生薬学』のという言葉が使われるようになったのは

1880年(明治13年)に薬学者である大井 玄洞(げんどう)が

『生薬学』(ドイツ語のPharmakognosieの訳)を出版したことに始まるんじゃ。

 

 

 

 

『生薬』は天然物であることから 含有されている薬効成分は一定ではなく

同じ植物であっても産地や栽培方法さらには作柄によっても

成分が変わる場合も多いんじゃよ。

特に 医薬品として使われる場合は常に一定の品質が求められるので

「品質評価」というのがとっても大事になってくるんじゃ。

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

 

 

 

山路先生の研究は 日薬大のなかでも特筆モノのユニークな内容なんじゃ。

生薬の品質が良いかどうか? ニセ物でないかどうか?

そもそもこの植物はいったい何なんだ?(『基源』あるいは『基原』と呼ぶ)

といった「組織形態学的研究」に取り組んでおられるんじゃ。

この世界では 日本でも数少ない貴重な研究者なんじゃよ。Σ(□゜/)

 

 

 

なんだか『開運!なんでも鑑定団』の鑑定士や『ギャラリーフェイク』の藤田みたいじゃのぉ。

 

 

 

そして何と言っても・・・

山路先生といえば 学内でも有数の公開講座の達人!!

さまざまな市町村との連携による公開講座で

エネルギッシュな講演を繰り広げておられるんじゃよ。

この地域ではちょっとした有名人なんじゃ。ぉお!!(゚ロ゚屮)

 

 

 

「桂枝湯」や「小建中湯」等を題材に

実演パフォーマンスを交えて"漢方薬の面白さ"を分かりやすく伝えることに日夜情熱を燃やしておられるんじゃよ。

 

 

 

それでは 皆さん楽しんでご覧くださいのぉ。\(≧U≦/

 

 

(1)シーン1.jpg 

 

 

 

(2)シーン2.jpg 

 

 

 

(3)シーン3.jpg 

 

 

 

(4)シーン4.jpg 

 

 

 

(5)シーン5.jpg 

 

 

 

(6)シーン6.jpg 

 

 

 

(7)シーン7.jpg 

 

 

 

(8)シーン8.jpg 

 

 

 

いかがでしたかのぉ。(*´∀)

 

山路先生のオリエンタルワールドを体験したい方は

夏のオープンキャンパス(8/7,21予定)にぜひ遊びに来てくださいのぉ。

 

 

それでは またまた日薬大の魅力をお届けしていきますのぉ(続く)

 

 

 

 

 

↓↓特別付録↓↓ 山路先生『薬用人参』について語る!!w(・0・☆)w

今日は特別に『薬用人参』についてお話しします。

にんじぃの頭のてっぺんにご注目ください!

頭の葉っぱの形を良く見ると手のひらの形をしていますよね。

専門用語では掌状複葉(しょうじょうふくよう)と呼ばれています。

簡単に言うと 1か所から5つの葉が出ているってことです。

 

 

さらに赤い実がなっていますが

この実の中にタネが入っているんですよ。

これは花ではありませんのでお間違いなく!!

 

 

(9)薬用人参.jpg 

 

 

ちなみに これが『薬用人参』の実物です。

まだ実が熟していないので青い実も見えますが

チラホラと赤い実が見えますよね?これが熟した実です。

 

 

 

 

実はこの写真 去年の定期試験にも出題したんですよ!!

『薬用人参』はまさに生薬の王様!!

 

 

 

「生薬学Ⅰ」(2年生講義)の講義でも

「漢方を勉強した薬剤師なら"ニンジン"といわれてキャロットを想像するようじゃまだまだ未熟!」と力説していますよ。

これからも生薬をしっかり勉強してみてください。きっと皆さんの人生も変わわると思いますよ!!

 

 

 

【参考文献】

・新訂生薬学 改訂第6版 木村孟淳ほか南江堂

生薬学の四方山話 

年度末まであと一か月足らず!!

新年度に向けて慌ただしい気持ちになりつつある今日この頃じゃが

皆さんいかがお過ごしですかのぉ??(*^^)

 

 

 

またまた新企画登場!!

題して『プロフェッショナル -日薬大の流儀- !!

 

"プロフェッショナル"という言葉を辞書で調べてみると・・・

ある分野について専門的知識・技術を有していること

あるいは専門家のこと を指すらしいんじゃ。

 

 

 

今回は 日薬大の「研究活動」にスポットライトを当てて

その活動に情熱を傾ける"プロフェッショナル"を取材することにより

仕事振りや教育研究に対する考え方などを紹介する企画をなんじゃ。

できればその道の"大先生"よりも"若手"と呼ばれる元気ハツラツとした先生を取材したいと考えているんじゃよ。ヾ(*´∀)

 

 

 

さてさて 薬学の研究というと

どうしても難しそうなイメージがあるんじゃが

あの"池上彰さんより分かりやすくお伝えする"ことを目標に

科学の面白さを伝えていくことを心がけたいところじゃのぉ。

いつもながら 気まぐれに継続する不定期シリーズじゃよ。

♪♪♪♪

 

 

 

栄えある第一回目は

薬品分析化学の荒井 健介先生!の登場じゃ!! (∩∩)キャ―!!!!

 

在学生にはすでにおなじみの光景じゃが

荒井先生は 講義中に 毎回アッと驚く科学実験を披露して大人気!

あの米村 でんじろう先生ばりのパフォーマンスによって

日薬大の「サイエンスプロデューサー」という異名もあるんじゃよ。

O(*ω*)O゛ゥキゥキ

 

 

今回紹介する専門領域は「分析化学」!!

試料中の化学成分の種類や存在量を解析したり

解析のための目的物質の分離方法を研究する化学の学問分野なんじゃ。

 

今流行りの"ナノテクノロジー"をはじめ

医療・食品・環境など幅広い分野で応用されているんじゃよ。

 

 

 

ところで 皆さんは 2002年にノーベル化学賞を受賞した

田中 耕一さんを覚えておられるかのぉ?

穏やかで朴訥とした人柄が大人気じゃったのぉ。

 

受賞理由は「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」

現在 生命科学分野で広く利用されている「質量分析法」という分析法の

「イオン化」という過程を開発したことが高く評価されたものなんじゃよ。

*☆▽<)w。°ゎくゎく◇◆◇◆

 

 

 

荒井先生の研究テーマもなかなかユニークじゃよ!!

なんとシャープペンシルの芯を電極に用いて

環境汚染物質や生体成分の簡便な測定法の開発・応用を手がけておられるんじゃ。

それ以外にも ストレス診断妊娠検査のための内分泌物質の簡易・迅速な定量法を開発しているんじゃ。

 

荒井先生のスゴイところは「研究活動」だけでなく「教育活動」においても

"科学の面白さ"をどうしたら分かりやすく伝えられるかに

日々情熱を燃やしておられるところなんじゃ。

 

 

第一回目ということで前置きが長くなりましたが・・・

それでは 皆さん楽しんでご覧くださいのぉ。\(≧U≦/

 

 

 

(1)シーン5-1.jpg

 

 

 

(2)シーン5-2.jpg 

 

 

 

(3)シーン5-3.jpg 

 

 

 

(4)シーン5-4.jpg 

 

 

 

(5)シーン5-5.jpg 

 

 

 

(6)シーン5-6.jpg 

 

 

 

(7)シーン5-7.jpg 

 

 

 

(8)シーン5-8.jpg 

 

 

 

(9)シーン5-9.jpg 

 

 

いかがでしたかのぉ。(*´∀)

荒井健介先生のマジックのようなおもしろ実験を体験したい方は

/27のオープンキャンパスにぜひ遊びに来てくださいのぉ。

 

 

それでは またの機会に日薬大の魅力をたくさんお届けしていきますのぉ(続く)

にんじぃ&にぃ

にんじぃ(薬用人参)
プロフィール

年齢
75年もの(伝説的じゃ)
性格
温厚だが、怒ると実を飛ばす
趣味
健康おたく(早寝・早起き)お風呂が好き
名言
キャロットは薬用人参ではないのじゃ。

にぃ(にんじぃの孫)
プロフィール

年齢
1年もの(まだまだひ弱)
性格
甘えん坊のおじいちゃん子、食いしん坊でいたずら好き
好きなこと
おじいちゃんの雑学を聞くこと、食べ歩き旅行
将来の夢
早くおじいちゃんみたいに実を飛ばしたいなぁ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちプロフェッショナル -日薬大の流儀-カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはファン必見!「にんじぃ&にぃのキャラクター紹介」です。

次のカテゴリは大学近くのとっておき「エリア情報」!です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。