高橋さんは、今年3月に卒業してドラッグストアで働いているよicon:face_self-conscious_smile

4月から研修、OJT、そして5月の半ばから店舗に仮配属されて頑張っているそうですicon:face_smileicon:282icon:282

新しい形態の店舗だそうで、大学で学んだ医療の知識が大変役に立っているとのことicon:420icon:420

仕事はしっかりやって、プライベートとはきっちり分けて、生活を楽しんで、毎日が楽しいそうだよicon:face_self-conscious_smileicon:420icon:420

後輩の皆さんには、在学中に登録販売者の資格は必ず取得しておくこと、また他に興味がある資格を1つでもいいので取っておいた方が面接などでも有利になるとアドバイスをもらったよ~icon:756icon:284

また、在学中はイベントボランティア部の部長も努めていて、大学時代にボランティアに沢山参加しておくと

社会人としてのスキルも磨けると熱く語ってくれたよ~icon:iconCircle04icon:face_smileicon:iconCircle04


DSC_0660.JPG


DSC_0629.JPG

新入生も入部して、放課後にお茶の水キャンパスの近くにあるジムで活動しているよ~icon:420

すごい傾斜を登っているのに感動icon:face_self-conscious_smileicon:420

会長が新入生にやさしく指導しているのが印象的だったよicon:face_smileicon:282icon:282


image1.JPG


image2.JPG

<久々の登場!アラくんのお祭りリポーート!>icon:225icon:420

初夏の日差しが眩しい江戸・湯島の地で、527()28()の二日間にわたり、恒例の「湯島天満宮例大祭」が行われ、お茶の水キャンパスの学生延べ24名がボランティア・スタッフとして活躍致しました。

まずは前日の諸準備では、古来より学問の神様として名高い湯島天満宮の蔵から、町会のお神輿や山車の資材を取り出し、町会の詰め所に祭壇を作って「神酒所(みきしょ)」を設置することや半纏を担ぎ手さんたちに貸出する準備などをお手伝い。(せっせ、せっせ!)

次に27()は、子供神輿や山車の巡行を支援し、輪投げなどの子供ゲームのスタッフとして近隣の子供たちに楽しんでもらいました。

28()は、いよいよ大人神輿のスタートです。毎年全国から神輿の担ぎ手の応募が殺到し、今年は350名の枠がアッという間に埋まったそうです。更に今年は、町会の創立70周年、神輿の新調15周年という記念すべき節目の渡御(とぎょ)(神輿の巡行)であり、町会の役員さんたちもいつも以上に気合が入っている。関東各地の神輿愛好グループなど担ぎ手さんたちが朝早くから集まり、銘々が粋な担ぎ手衣装に身を包み、町会特製の手拭いを絞ってキリリと鉢巻を締め、町会名入りの半纏を羽織って皆いきり立っている!日薬学生ボランティア達は、ややムードに押されがちながらもこれらの担ぎ手さんたちをもてなし、せっせと裏方作業に精を出しておりました。また学生のうちの1人は、ぜひ自分も担いでみたいということで、プロ仕様の衣装も揃えて神輿の担ぎ棒にしがみつく者もおりました。

「オイサ!オイサ!」威勢のいい掛け声とともに神輿が出発しました。学生ボランティアは、予定経路上に先回りし休憩地点において麦茶の給水サービス。休憩の合図の拍子木が「カン!カン!」と鳴り、神輿を下して一本締めの後、休憩に入る。「いなせ」な担ぎ手さんたちは汗を拭きつつ我先に紙コップに手を伸ばし、アッという間に完売。そしてまた「オイサ!オイサ!」の掛け声が始まり、時折「ヤァーー!」との気勢を上げつつも、いつまでも掛け声が途絶えることはありませんでした。やがて湯島天満宮への宮入りも無事終了し、学生は撤収・後片付けをお手伝い。気が付けば周囲は闇に包まれておりました。(ふぅ、ちかれたびー・・・。)

参加した学生たちからは、「参加してよかった。」「江戸の文化の一端を窺い知ることができた。」「町会の役員の方々に感謝され、お役に立つことができてよかった。」などの感想を聞くことができました。

お茶の水キャンパスの地域貢献・地域連携は、こうしてまた一歩着実に前進することができましたとさ。

IMG_9037-001.JPG

IMG_9066.JPG

P5270940.JPG

1年生を新しく迎えて活動を開始しているよ~icon:face_self-conscious_smileicon:420icon:420

目白台運動公園でのフットサル部の活動の様子を見てきましたicon:317icon:420

みんなの元気いっぱいの笑顔が印象的でした~icon:face_smileicon:282icon:282icon:282


IMG_1419.jpg


IMG_1445.jpg

お茶の水キャンパスの留学生のために、上級生が中心となって補習講座がお昼休みなどの時間を使って行われていたよicon:face_smileicon:284icon:282icon:282

留学生の苦手な講義を中心に日本語支援を行っていて、学生同士の繋がりを深め、国際交流の良い機会にもなってるよ~icon:face_self-conscious_smile



DSCN0090.JPG




DSCN0082-001.JPG



57日(日)に、赤十字社の表参道街頭募金ボランティアに参加したよicon:face_smileicon:420

ハートラちゃんと一緒に、赤十字社の人道的活動の募金をお願いしたよ~icon:face_shy


bokin01.jpeg

今回来てくれた3期生の3人は、製薬会社のMR職、ベンチャー企業、IT企業のシステムエンジニアになって現在研修中だよ~icon:face_sparkling_smile

1年生が先輩の話しを熱心に聞いているところへお邪魔しましたよ~icon:face_self-conscious_smileicon:420icon:420

MRを目指すには薬とビジネスの知識はもちろんのこと、さらに広範な教養も身につけておく必要があるので選択科目もたくさん履修しておく方がよいicon:284などアドバイスをもらっていたよ~icon:face_smileicon:420

今後の先輩方の活躍を期待していまーすicon:756icon:281icon:282icon:282icon:282


DSCN9803.JPG

DSCN9812.JPG

学生赤十字奉仕団の活動として、上野動物園迷子相談ボランティア活動に430日と54日の二日間、お茶の水キャンパスの学生が7名参加したよ~icon:face_self-conscious_smileicon:420icon:420

8時から夕方6時まで、運営スタッフとして迷子札の配布やパトロール、探索の手伝いに汗を流したよicon:face_smileicon:282icon:282


maigo01.jpg


maigo02.JPG

 

文部科学省後援のビジネス能力検定を実施している財団から、大学として検定に取り組んだきっかけなどのヒアリング取材を

受けたよ~icon:face_self-conscious_smileicon:420icon:420

対応した学生さんは学科のカリキュラムやCBT実施の理由などを説明して、薬学とビジネスの融合をめざす学科の特徴などを力説していたよicon:face_smile


DSC_0553.JPG


DSC_0558.JPG

 

さいたまキャンパスでのプレゼンテーションスキルの講義に、お茶の水キャンパスの学生も参加したよ~icon:face_self-conscious_smileicon:282icon:282

キャンパスが離れているとなかなか会う機会が少ないけれど、陸上部の応援にはお茶の水キャンパスのみんなも駆けつけて、力いっぱい応援するよ~icon:420icon:420


DSC_0393.JPG


DSC_0439.JPG


DSC_0503.JPG

にんじぃ&にぃ

 プロフィール

スマートフォンに宿ったパンダの妖精です!

最近のコメント

カテゴリ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30