活動の最近のブログ記事

8月12日、中華文化研究会のメンバーたちは「孫文記念館」を見学するために、明石市にやってきました。

孫文は中国の建国の父と呼ばれる革命家で、世界中にゆかりの地がたくさんある中、

日本で唯一の記念館がこちら、「移情閣」になります。

 孫文1.jpg

 

 

展示をじっくり見学してから、孫文先生の銅像の前で記念写真。

中国の近代歴史を顧みる良い機会でした。

 

 

孫文2.jpg

 

 

 

玄関で記念館ボランティアの華僑の方に出会い、孫文や華僑について話し合いました。

孫文肉筆の額も見せていただきました。

 

 

孫文3.jpg

 

 

 

 

 

 

ニケプレゼンツ 上空から見た「孫文記念館-移情閣」です。

 

 

 

 

 

明石大橋1.jpg

 

 

 

上空というのは、高さ8階相当の「舞子海上プロムナード」です。

ここから明石大橋に上っていきますよ。

 

 

明石大橋2.jpg

 

 

 

 

 

 

ガラス張りの回廊をまわって、明石大橋の構造を見学します。

下から海も見えて、ちょっとしたスルリスポットでした。

 

 

 

 

明石大橋3.jpg

 

 

 

 

こんな感じ~~

 

 

 

そのあとは海辺近くのスポーツガーデンで打ち上げのBBQ!有意義で楽しい部活、今度もニケを連れて行ってくださ~い!

             BBQ1.jpg     BBQ2.jpg

 

次回は孫文記念館について、詳しくご紹介します。乞うご期待!

 

 

文 : M先生

毎週日曜日の午前中、日本経済大学の学生と他大学の学生が自主的に集まって
日本語を中心に勉強する交流会が始まりました♪


ベトナム留学生自主勉強会2.jpg   ベトナム留学生自主勉強会1.jpg

日越の関係をより良いものにしていきたい、

『漢字が難しい、日本語が話せない、日本留学が大変』などのイメージ低下をさけたい、

そんな願いをもち自ら行動しているメンバーです。

活動を通じてベトナム留学生の輪もひろがりそうですね!応援しています!


葺合高校1.jpg
 
10月22日、安井裕司本学教授(本学ユネスコクラブ顧問、神戸ユネスコ協会理事)とネパールからの留学生、
バイデュ・ウルミラさん(本学ユネスコクラブ会員、神戸ユネスコ協会会員)、
中国からの留学生、趙敖日格楽君(本学ユネスコクラブ代表、神戸ユネスコ協会会員)神戸市立葺合高校を訪問しました。
同校は、ユネスコスクール加盟校であり、4月にネパール震災後、神戸ユネスコ協会を介しまして
本学ユネスコクラブとの交流が始まりました。

6月に行われました葺合高校の学園祭(葺高祭)において、ネパール復興のために募金を行って下さり、
総額111,679円を神戸ユネスコ協会に寄付して頂きました。
寄付金は全額、日本ユネスコ協会連盟のネパール支援プロジェクトへ寄付させて頂きました。

日本経済大学もネパール震災支援の一環としまして9月に安井教授が現地を訪れており、
日本ユネスコ協会連盟の協力より、同協会連盟の復興プロジェクトを視察させて頂きました。
今回は、本学ユネスコクラブのウルミラさんと共に葺合高校にて頂いたご寄附のネパールでの遣われ方と
ネパールの現状を報告させて頂きました。
 
葺合高校2.jpg

 

葺合高校3.jpg


皆さん、真剣に耳を傾けて下さり、更に参加者全員からの感想文を賜りました。有難うございました。
 
 
文 : Y先生

11月4日はクリーン作戦で、学校付近の掃除を行いました。

午前と午後で、違うクラスが町へ繰り出しゴミ拾いをします。

 

町の人々から、一所懸命に拾う学生たちに対して「えらいね」「ありがとう」といった言葉もたくさんいただきました。

ゴミはたばこの吸い殻が圧倒的に多かったです......その他、ぱっと見はきれいでも、生垣の中にたくさんゴミが

捨てられているところもありました。

皆さん、マナーはしっかり守りましょう!!

CIMG4301.JPG

CIMG4309.JPG

CIMG4315.JPG

8月9日、日本経済大学ユネスコクラブはみなとこうべ海上花火大会の清掃ボランティアに参加しました。

ポーアイしおさい公園の清掃を朝9時から11時にかけておこないました。

また、次の日曜日は湊川公園で行われます「平和の鐘運動」に参加します。

 

image2.jpg     

 

image8.jpg     image9.jpg

 

image7.jpg

5月12日、三ノ宮駅近くで、ネパール大地震への街頭募金を実施しました。

台風が近づいており大雨というあいにくの天気となりましたが、そんな中で傘を差して

学生皆が遠くまで聞こえる程の大声で、ネパールへの支援を呼びかけていました。

沢山の方が足を止め募金にご協力してくださいました。

 

CIMG3139.JPG

打ち合わせ中。

 

いざ街頭募金へ。

CIMG3151.JPG     CIMG3143.JPG

CIMG3169.JPG     CIMG3182.JPG

CIMG3192.JPG

 

参加してくれた学生の皆さん、お疲れ様でした。

募金にご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

ユネスコクラブによります2015年度 第一回交流・研究会が、本日、本学、三宮キャンパスで開催されました。

今回は、ネパール大地震を受けて、「ネパール大地震を神戸から考える」がテーマでした。

 

1. 「阪神大震災・東日本大震災・ネパール大地震」   安井裕司(日本経済大学教授・ユネスコクラブ顧問)

2. 「Save Nepal ビデオ上映」                   温暁亜

3. 「ネパール・カトマンズの状況(1)」               ウルミラ バイディ

4. 「ネパール・カトマンズmp状況(2)」            スレスタ サナム

5. 「ネパール・チトワンの状況」                タマン ラズ

6. 「ネパール・デアディングの状況」             バンダリ ディパク

CIMG3103.JPG   CIMG3114.JPG

                                      現地状況を伝えるタマン ラズさん

 

現地の人々の声を伝える発表でした。 

 

その後「私たちに何ができるのか」を討論しました。

出来ることは限られていますが、それでも募金や募金の呼びかけ、経験があるからこそできる

アドバイス、またそれをこの混乱の中どう伝えていけるのかという話がでました。

CIMG3123.JPG    CIMG3131.JPG

 

阪神淡路大震災を経験された人々は、今回の事が当時と重ね合わさるところがあるようです。

励ましや応援の声が届いたとき、とても嬉しく生きる活力になったという言葉もありました。

また地域の人々との助け合いの大切さについても語られました。

 

悲しい出来事ではあるが悲観しすぎてもいけない、ここから立ち上がり、

這い上がっていかなければならない、という言葉が強く心に響きます。

数少ない出来ることでも精一杯行うことが大事です。

 

ネパール大地震により亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

一日も早い復興と、皆様に平穏な暮らしが戻りますように。

日本経済大学神戸三宮キャンパスには5名のネパール国籍の学生が在籍し、

被災状況は違えど故郷を想う気持ちは同じです。

日本にいる私たちにできる事はなんだろう。

神戸三宮キャンパス経友会の国際ボランティア部では様々な活動を実施しております。

 CIMG3024.JPG

 

学内での募金活動

CIMG3021.JPG

 

着なくなった洋服を集める

CIMG3022.JPG

 

なお5月12日にはJR三ノ宮駅で街頭募金活動をしますので、よろしくお願い致します。

皆様の温かいご支援に感謝し、これからも活動を続けていきます。

日本経済大学 神戸三ノ宮キャンパス 経友会国際ボランティア部

11月22日、「日経大全日本留学生日本語スピーチコンテスト」の予選大会を開催しました。

ここで勝ち抜いた学生は渋谷で行われる本選に出場することになります。

なお本選は1月21日(水)に行われます。またその時にブログで取り上げるのでお楽しみに!

 

スピーチコンテストは内容(構成・独創性・エピソード)と表現(発音・滑らかさ・

説得力・アピール)をそれぞれ50点づつで審査します。

複数あるテーマから一つ選びます。

 

テーマ

①私を変えた日本留学

②紹介したい母国の文化

③私の将来像

④母国の発展と日本経済

⑤ビッグデータは善か悪か

 

出場者

林 娟萍(リン ケンヘイ) / 中国   「どんなおばあちゃんになるか 自由な国の作り方」 テーマ④

林 鎮(リン チン) / 中国   「井の中を出た蛙」 テーマ①

チュオン キム マイ / ベトナム   「日本製の秘密」 テーマ④

潘 文燕(ハン ブンエン) / 中国   「笑顔の恵み」 テーマ①

黎 仲軒(レイ チュウケン) / 台湾   「勉強より大切なもの」 テーマ①

鄭 承文(テイ ショウブン) / 中国   「親の背を見て子は育つ」 テーマ①

魏 佳彬(ギ カヒ) / 中国   「百聞は一見に如かず」 テーマ①

趙 敖日格楽(チョウ ゴウヒコウラク) / 中国   「現代の遊牧民」 テーマ②

張 品玲(チョウ ヒンレイ) / 中国   「買い物をよりよく楽しむ」 テーマ④

 

P1050845.JPG  P1050850.JPG

P1050855.JPG  P1050865.JPG

P1050871.JPG  P1050875.JPG

P1050882.JPG  P1050900.JPG

P1050913.JPG

    

     

第一次審査である「作文審査」を通っただけのことはあり内容はどれもユニークで

聞いていて楽しいものばかりでした!

甲乙つけがたく審査員の先生方も苦労なさった様子......

そんな激戦を勝ち抜き本選への出場権を獲得したのは次の3名です。

 

林 娟萍さん

趙 敖日格楽さん

張 品玲さん

 

P1050932.JPG

 

おめでとうございます!

本選までまだ日もありますので練習を続けて、当日はさらに上手なスピーチを

披露してくれると思います。

P1050933.JPG

image4.jpg     image3.jpg

 

11月21日、16時から本学61教室にて、22日のスピーチコンテストのリハーサルを行いました。

皆さん、本校予選本番(22日)さながら、真剣に取り組んでいました。

さて、だれが予選を突破するのでしょうか。

 

文 : Y先生

日本経済大学
神戸キャンパス

都築学園 グループ
日本経済大学神戸キャンパス

⇒ホームページはこちら
友だち追加数

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち活動カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは授業です。

次のカテゴリは行事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。